忍者ブログ

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリー

最新記事

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

[25]  [24]  [23]  [22]  [21]  [20]  [19]  [18]  [17]  [16]  [15

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

脳血管障害

脳血管障害で一般的によく知られているのは「脳卒中」だと思います。脳卒中とは、突然起こる脳血管障害のことで、出血性と梗塞性があります。出血性の脳血管障害にはクモ膜下出血、脳内出血があり、後遺症が残ったり、時には生命の危険を伴う深刻な病気です。閉塞性の脳血管障害には脳梗塞(脳血栓)、脳塞栓があり、老化や生活習慣、糖尿病・高血圧・高脂血症などの生活習慣病が関係しているといわれています。

脳血管障害の症状は、障害を受けた脳の場所によって決まります。脳幹部や脳全体が障害された場合は「意識障害」が起こります。意識障害には、「朦朧状態」から「傾眠状態」、「昏睡状態」までさまざまな程度があります。「片麻痺」は、一般によくいう「半身不随」のことです。脳が障害を受けると、左の脳の場合は「右片麻痺」、右の脳の場合は「左片麻痺」となります。脊髄が障害を受けた場合は、両手あるいは両足が麻痺を起こすことになります。「言語障害」は、ろれつがまわらない「構音障害」と、言っている言葉そのものが理解できない「失語症」があります。構音障害の場合はゆっくり話せば、言っていることは何とかわかりますが、失語症の場合は、「あ~」とか「う~」とかいうだけのため、認知症の人と勘違いされることがあります。しかし、失語症は、身振りや頷いてもらったりすることで、対話することができるので、注意深く観察することが大事です。

脳血管障害の治療としては、外科的治療と内科的治療に大きく分けられます。これ以外に、最近ではカテーテルを用いた血管内治療も増えてきています。「外科的治療」は、脳出血のような出血性の障害に対して、開頭・血腫除去術により、脳内の血腫を取り去る治療を行うものです。もし脳動脈瘤の破裂による脳血管障害であれば、動脈瘤をクリッピングして出血を止める治療も必要です。「内科的治療」は、軽い脳出血やほとんどの脳梗塞の場合、薬物療法による内科的治療が行われます。「全身管理」は、脳血管障害を起こす危険因子として注目されている、高血圧・糖尿病・高脂血症などの生活習慣病を治療したり、意識障害患者の呼吸不全や肺炎を予防するため、呼吸管理の治療を行います。「リハビリテーション」は、最近では集中治療として急性期から積極的にリハビリテーションを行うようになりました。けれど、ほとんどの場合、いろいろな治療法やリハビリテーションを行っても、完全に神経の後遺症が回復することは望めません。

脳出血や脳梗塞などの脳血管障害の病気をした人は、再発しないように十分な注意が必要となります。脳血管障害は再発した場合、重度化しやすく、死亡率も高くなるので、退院後も医師の定期的な検診を受けて、血圧やコレステロール値などを、きちんと管理することが大切です。栄養のバランスの優れた食事と適度な運動で、肥満を解消しましょう。お酒やタバコは控えて、十分休養をとり、ストレスをため込まないようにしてください。

健康関連サイト
加齢臭を予防しよう
頻尿の原因と治療法 その予防法
高齢出産について
母子手帳はママと子供の成長記録
心筋梗塞の起きる原因
コントレックスの飲み方

お気に入り情報ブログ
日々向上 生活の知恵

PR


忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne