忍者ブログ

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリー

最新記事

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

[42]  [41]  [40]  [39]  [38]  [37]  [36]  [35]  [34]  [33]  [32

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

外付けハードディスクの比較

自分の目当てのHDDを探してみましょう。HDDのスペックでまず第1に気にする部分は容量でしょう。現在、HDDの容量は1TB(テラバイト)を超えるものも出ていますが、値段も非常に高くなっています。今はまだ動画を扱う場合でも200~300GB程度で十分だと思います。動画も必要ないのならもっと少なくできます。

続いて転送速度ですが、接続インターフェースによって速度が大きく変わります。現在の規格はSATA、USB、IEEE1394がメジャーです。USB2.0とIEEE1394は速度がそれほど変わりませんが、USBは現在ほとんどのパソコンにポートがついています。なのでUSBを使っておけば良いでしょう。ただし、古いパソコンはUSB2.0でなくUSB1.1の場合があり、非常に速度が遅くなります。SATAは外付けHDDの書き込み速度を最大限に活かす転送速度で、USB2.0の数倍速いです。

ただし、ケーブル等を別に購入することになります。そう考えると、よほどの容量を転送しないかぎりはUSB対応で問題ないでしょう。次に外付けHDD購入の主な目的の1つ、バックアップ機能について考えます。バックアップデータが1ヶ月前のデータだった、これではほとんど意味がありません。

できるだけ最新のデータを残したいのなら、RAID対応の製品を選ぶと良いでしょう。ただし、それでも完全に保護できるわけではないので、やはりまめにバックアップする必要があります。外付けHDDには付属のソフトがついてきます。便利なソフトも多いので損はしないはずです。その他、大きさ、音、冷却も注意する点です。特に冷却はHDDを長持ちさせるのに重要です。

以上、重要な点を紹介しましたが、とにかく容量が欲しい人や、長持ちするものを探す人など、どの部分を重視するかはそれぞれ異なります。店頭で聞いてみたり、サイトで検索するなどすれば、きっと希望に近いものが見つけられるでしょう。



ロクシタン マグノリア | コキュ パンプス | ナース用サンダル
PR


忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne