忍者ブログ

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリー

最新記事

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

[41]  [40]  [39]  [38]  [37]  [36]  [35]  [34]  [33]  [32]  [31

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

山野草の育て方

山野草を育てる場合、まず確認しておく必要のあることがいくつかあります。

・まず育てたい種類を絞る。
     山野草は多種に亘ります。選ぶ際の基準は人それぞれですが、 大体最初は花の色や形から入ると思います。
・どの程度の期間それは栽培・鑑賞できるのか。
     一年草でその時だけ楽しめるのか、それとも多年草でその種 類を極めていくのか。
最低限この二点は事前に考えておきましょう。

栽培の際には、山野草共通のルールのようなものがあります。

春に芽を出す際は、日光によく当ててあげます。
その後は、半日陰の状態を作ってそこで栽培しますが、種類によってはその後も日光に当てる必要もでてきます。
山野草は元々が山などで自生している植物です。栽培のコツは、その状況をどううまく再現してあげるかです。
尚、温度管理はあまり気にしなくても大丈夫でしょう。

用土は基本配合として、小粒の軽石(又は山砂)が4割、小粒の鹿沼土を4割、小粒の赤玉土を2割が目安です。
山野草の種類によっては、水はけが良い方が合う場合と、悪い方が合う場合がありますので、使い分けが必要です。

水やりは植えてある用土の表面が白く乾いてきたら、用土にたっぷり水を与えてあげます。葉に与えてはいけません。
どんな状況でも水のやりすぎは厳禁です。

山野草に限らず植物の上手な育て方とは、その種類にあった育て方をいかに徹底してやり、いかに気にかけてあげるかに尽きると思います。

【ガーデニング関連サイト】
ガーデニングの肥料
パーゴラ
野菜の種子
花の種子

【PR ブランド通販】
フェンディ | フォリフォリ | ボトキエ | 
PR


忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne