忍者ブログ

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリー

最新記事

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

[23]  [22]  [21]  [20]  [19]  [18]  [17]  [16]  [15]  [14]  [13

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

イケア(IKEA)の特徴

イケア(IKEA)とは家具や食器、ガーデニング類、キッチン、バスルームなど、生活に欠かせないものがほとんど揃うお店です。大変有名なお店で世界中に店舗があります。ちなみに、ウィークリービジネス(スウェーデンのビジネス雑誌)によると、世界一のお金持ちはビル・ゲイツを抜いてこのIKEAの創設者だそうです。

「イケア」は1974年、イケア・ジャパンを設立しましたが、当時はイケアの主流であった組み立て式家具が日本では受け入れられず、また品質などの問題で顧客離れが発生して1983年に撤退した経緯があり、2006年4月24日にオープンした船橋店は日本再上陸の1号店となるものです。イケア港北(神奈川県横浜市都筑区折本町)が同年9月15日にオープンし、このあとも兵庫県や大阪などに続々出店が予定されています。

イケアの特徴は、完成品を販売するのではなく、パーツを分解し、あとから組み立てる組み立て式家具をいち早く採用し、パーツの梱包を最小限で抑えるフラットパックで簡単に持ち帰ることができることがイケアの魅力の一つです。もっとも特徴的なことは、イケアのショッピングスタイルにあり、本来従業員が行う商品の在庫を確認し、運ぶという作業を、お客が自ら行うというところです。従業員にかかる人件費を抑えることで家具を安く提供しているのです。

また、イケアは環境問題にも大変関心があり、トラック輸送は排ガスによる地球温暖化の原因になるということで、イケア鉄道を設立し、ドイツ、デンマーク、スウェーデンでは輸送に貨物列車を使っています。鉄道を利用することにより、地球温暖化対策を行うことが出来、1日50台のトラック輸送を減らすことが出来てコスト削減にもつながっています。家具に使用する木材は植林によるものを利用し、梱包材や段ボールはリサイクル品を用いるなど、環境対策においても妥協を一切許しません。

関連サイト
北欧家具の魅力
インテリアを揃えよう
家具の揃え方

おすすめ情報サイト
気になる情報 雑学辞典

PR


忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne