忍者ブログ

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリー

最新記事

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

[32]  [31]  [30]  [29]  [28]  [27]  [26]  [25]  [24]  [23]  [22

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ガングリオン治療

ガングリオンで治療を行うのは、見た目が気になったり、神経の圧迫による痛みを生じたときです。基本的に悪性腫瘍ではないので、症状を和らげたり抑えたりする対処療法が治療の中心になります。ガングリオンは女性のほうが男性よりも多く見られ、かつ手指の関節を日ごろから使っている人がなりやすいそうです。

ガングリオンの治療方法として一般的なのが、注射でガングリオン内のゼリー状の液体を吸い出す方法です。また、圧迫して潰してしまうという方法もとられています。しかし、これらの治療を行っても、痛みが残ってしまったり、再発する可能性が高いといわれています。

ガングリオンを完全に治療しようと思うと、手術も視野に入れて考えなければなりません。手術はたいていの場合、部分麻酔で行い、手術にかかる時間は長くても1時間程度です。しかし、根が完全にとりきれない場合もあり、手術後に再発してしまうこともあるそうです。

最近のガングリオン治療で注目されているのが、低出力半導体レーザーを使用した治療方法です。ほぼ毎日、1~2ヶ月に渡って患部にレーザーをあて、完治を目指すというものです。この方法は手術と違って即効性はありませんが、再発の可能性が他と比べると低いのがメリットです。

健康関連サイト
レーザーやクリームでホクロ(ほくろ)除去 
ナルコレプシー(narcolepsy)について
花粉症の症状と原因とその対策について
あせもについてのマメ知識
心筋梗塞とは

おすすめ雑学ブログ
暮らしの雑学ストア

PR


忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne